あなたの「ハミガキ」自信ある??

2020年7月12日

近年、歯ブラシを持ち歩く人も多く

昼食後に学校や職場で歯みがきを行うなど、

歯磨きの習慣は定着しているといえます。

しかし、日本は世界的にもむし歯や歯周病が多い国・・。

その理由のひとつは、

ブラッシングの技術が低いことにあると思われます。

毎日3回しっかりと食後に歯みがきをしていても、

プラークが落ちていなければ効果は限定的です。

今一度、正しい歯みがきの仕方をチェックしてみませんか?

 

1回5分を目安に磨く

□歯ブラシは鉛筆を握るように軽く持つ

□①歯の表面②裏面➂噛み合わせ面の3面を磨く

□歯と歯肉(歯茎)の間に45度の角度で毛先を入れる

軽い力で細かく動かす

□1か所20回を目標に小刻みに動かす

□歯と歯の間は歯間ブラシ・デンタルフロスを使用する

□(電動歯ブラシの場合は製品に合った歯への当て方をする)

 

あなたはいくつチェックがつきましたか?

強い力でゴシゴシとやみくもに毛先を当てると、

歯茎が傷つき問題が生じることもあります。

軽く、小刻みに歯ブラシを動かすことがポイントです!!

 

またご自身の歯磨きが正しく出来ているか、

定期的に確認することも重要です!

染めだし液(プラークチェッカー)を購入し、

ご自宅で磨き残しを確認したり、

歯科医院でブラッシング指導を受けてみてください!!

 

特にお子さまのいるご家庭は、保護者の方の歯みがきが手本となります。

まずは保護者の方が『正確なハミガキ』を習得してください!

 

↓↓経験豊富な衛生士が丁寧にブラッシング指導を行います↓↓

↓↓ご自身の電動歯ブラシを持ち込んでの指導もOK↓↓

増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

LINE歯並び相談受け付け中!
© 2017 大阪市北区南森町 大阪天満宮の歯医者 増田歯科・矯正歯科. All Right Reserved.