年齢別!0~6才の歯みがきのコツ

2020年7月28日

こどもの歯みがきは本当に大変・・!!

しかし、むし歯リスクを減らすために

とっても大切な保護者の使命ともいえます・・!!

ぜひコツをつかんで挑戦してみてください♪

★0才

こども本人

・・離乳食を始める5・6ヶ月頃から、

歯ブラシに興味を持つようなら、自由に遊ばせます。

口の中に入れて噛むなど、感触に慣れることが目的です!

お家の方

・・歯が1本でも生えだしたら歯みがきスタートです。

布や歯磨き用ティッシュなどもありますが、

毛先で歯石を落とすため、歯ブラシがおススメです。

「歯茎」に毛先を当てず、「歯」にあてるのがポイント!

★1才

こども本人

・・食べたら→歯みがきという習慣化を目指します。

上手に磨けるかどうかは気にせず、

食後に自分で歯ブラシを口に入れることが出来たら

オッケーです!

すぐに噛んでダメにするので、こどもが噛む用と

大人が磨く用を分けておくのも良いかと思われます。

お家の方

・・歯の本数も増え、磨く面も多くなります。

①噛む面(咬合面)

②いーとして見える面(唇側面・頬側面)

➂見えない裏側の面(口蓋側面・舌側面)

④歯と歯の間(歯間)

がありますが、一度で全部きれいに磨けなくても良いので

朝食後は咬合面をしっかり、昼食後は唇側をしっかり・・

という風に磨き残しを減らすよう注意してみてください。

★2才

こども本人

・・お家の方のマネをさせ、

シャカシャカと横磨きから練習をしていくと

良いかと思われます。

少しずつうがいの練習もしていきます。

お水を入れずに、まずはぶくぶくと

空うがいで練習してみてもよいかもしれません。

お家の方

・・「自分でやりたい」時期にさしかかり、

仕上げ磨きをさせてくれないことも多いかと思います。

歯みがきのし合いっこ、歌、動画、キシリトールのご褒美

・・等、楽しい雰囲気づくりに奮闘される時期かと思います。

お困りの際は歯科医院にもご相談ください!

 

★0~2才のポイント①

0~2才の歯みがきは、

特に歯みがき事故の多い年齢です。

歯ブラシを持つときは座る、と決め

立ち歩かせないことが事故防止につながります

 

★0~2才のポイント②

0~2才頃までは特に口の中が敏感です。

歯ブラシの毛先がしっかりと当たっていれば

力は必要ないので、優しく磨くようにしてください!

 

3~6才のコツはまた次回お伝えします♪

 

↓↓お子さまの歯みがき相談賜ります↓↓

↓↓0才~定期健診で歯を守ろう!↓↓

増田歯科・矯正歯科

TEL:06-6352-1187

 

 

 

LINE歯並び相談受け付け中!
© 2017 大阪市北区南森町 大阪天満宮の歯医者 増田歯科・矯正歯科. All Right Reserved.